太陽光発電システム

【リフォーム業者様・建築業者様へ】

リフォーム業者様・建築業者様、いつもご連絡ありがとうございます。

当社はリフォーム業者様、建築業者様が屋根材の葺替え、塗装などの施工で太陽光発電システムの一時撤去が必要な場合、当社にて太陽光発電システムの取外し一定期間の保管葺替え・塗装後の取付も行っております。施主様への太陽光発電システムの一時停止についてのご説明も承っております。

貴社の施工期間に合わせて対応しておりますので、お陰様でご好評頂いております。太陽光発電システムの移設や取外しが必要な場合はお見積りだけでも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

 

【朝日ソーラー・太陽熱温水器の撤去】

太陽光発電システムのご相談と同時に、朝日ソーラーや太陽熱温水器の撤去をご希望の方が増えております。当社でも撤去作業のご相談を頂いておりますのでご相談下さい。

太陽光発電システムを導入してみたけど・・・

メーカー10年保証が切れたけど大丈夫?
設置後、1回も点検してもらってない
最近の異常気象でパネルや架台ラックが緩んでいないか心配
パワーコンディショナーから変な音がしている
いつまで太陽光発電システムって使えるのか?
販売会社から見せてもらった売電シュミレーションと全然違う
デタラメな施工じゃないかと心配
販売店や工事会社に電話しても倒産したのか繋がらない
雨漏りしているけど太陽光発電システムが原因?
見えていない箇所でデタラメな工事をされていないか?
太陽熱温水器を点検・撤去してほしい

そんな心配や不安を放置したままでいると・・・

太陽光発電システムのトラブル

経年劣化により機器、部材の損傷、施工ミスにより重大な問題、見えない部分の手抜き工事。
一見、表から見ると正常に設置されているようにみえますが、いざ調べてみると驚愕な事実がわかることも多くの事例があります。

言葉は悪いですが放置されていても大きな問題にはならない事もあります。

しかし放置しておけば大切な家に影響を及ぼす問題もあるのです。

 

でも、ご安心ください!そのような不安は当社で解決できます!

株式会社新潟ボイラーメディカルと申します。

当社は平成18年から太陽光発電システムの施工に携わり現在に至ります。

太陽光発電システムメーカー、ハウスメーカー、工務店、営業会社、エンドユーザー様直依頼など、これまで累計1,000件以上の施工実績がございます。

国内メーカーはもちろん、海外メーカー製のシステムまでカバーしております。

太陽光発電システム設置工事もそうですが、数年前から太陽光発電システムのメンテナンスや点検依頼もメーカーやエンドユーザー様からご依頼を受けております。

多くの設置宅ではシステム導入から10年を超えた設置者が増えてきている背景があり、点検依頼が急増している状況です。

実は太陽光発電システムの点検が急増している理由として、以下のような状況があります。

メンテナンス・点検依頼でよくお客様からご相談される内容

太陽光発電システムでは機器部材のほかに、見えづらい不安点や心配もあります。
下記は、お客様から点検依頼した理由の中で、よくあるご相談の一部になります。

長い間、点検してないので安心できるようにチェックして欲しい
販売店(工事店)が無くなり(倒産、事業撤廃)、相談先がなくなった
メーカーに連絡しても適切な対応をしてくれない
システムがいつまでの寿命なのか見てほしい
購入時の営業会社(訪問販売会社)が売りっぱなしで1回も連絡がない
海外メーカーなので、この先保証が不安
パネル設置下部に位置する天井から雨漏りしているようなので見てほしい
架台が垂木固定しているか確認して欲しい
施工ミスを感じるから点検して欲しい
システムを撤去してほしい
沿岸部でだいぶ錆びてきている感じなので確認してほしい
近年の異常気象でパネルが緩んでいないか確認してほしい
隣接する住宅敷地にパネルからの落雪で心配だから相談してほしい
ケーブルなどの保護配管が劣化でボロボロになり雨漏りの原因になってるかもなので見て欲しい
他県から来た点検業者が怪しい、また高額商品を売りつけられるので断りたい
パネルの下からケーブルが出てるので直して欲しい
別場所に移設したいので可能か確認してほしい
太陽熱温水器を撤去してほしい

など、相談内容はまだたくさんあります。

それぞれのご家庭で相談内容も深刻なものもあれば軽微なものまで多岐にわたります。

ですが、点検でほぼ100%不安は解消されますのでご安心ください。

システム点検依頼したお客様の声

訪問販売会社が倒産してから何も点検なし

関屋邸 上越市

購入当初は販売会社が潰れるなんて思ってもいませんでした。
発電効率が落ちたのでは?と心配になり、連絡しても不通で。

頼るところが無くなり途方にくれていた時に、貴社の点検サービスを知りました。
点検以降も相談できるし、何よりもデメリットもしっかり説明してくれたので信用できる工事店さんです。良いことばかり言われると逆に怪しいものです。

今後も頼りにしています。

施工ミスがわかり安心しました

K邸
神田邸 新潟市

屋根の雨漏りが太陽光発電パネルの原因かと思い点検をお願いしました。

パネルをはぐってもらい鳥の巣があったのが雨漏りの原因だったようです。写真を見せてもらってビックリしました。

このような事もあるんですね。

原因がはっきりしたので安心しました。

メーカー10年保証が終わっていたので心配でした

太陽光発電システム
神田邸 新発田市

ずっと順調でしたがパワーコンディショナーの故障で稼働出来なくなりました。

すでに昨年、メーカー10年保証が切れていたので不安になり、ネットでパワーコンディショナーの寿命を検索した時にボイラーメディカルさんを知り電話してみました。

点検もついでにお願いしようと依頼して、パワーコンディショナーも見てもらったら再起動で済む内容でホッとしました。

やはり経験豊富な工事店というのと、正直に再起動で済んだという事に信用しました。
変な会社じゃ交換が必要ですって無理やり買わされたと思います。

本当にありがとうございました。

太陽光発電システム点検費用

【下越地区】23,000円(税別)

※新潟市・新発田市・村上市・五泉市・阿賀野市・胎内市・北蒲原郡・西蒲原郡

【中越地区】26,000円(税別)

※長岡市・見附市・三条市・燕市・柏崎市・小千谷市・加茂市・十日町市

【上越地区】29,000円(税別)

※上越市・糸魚川市・妙高市・魚沼市

※金額が変わるのは交通費分の違いです。
※急勾配屋根や高床式の場合は別途足場代が必要になります。

太陽光発電システム点検依頼はこちらからどうぞ

お問い合わせはこちらです

フリーダイヤル

0120-703-551 ← スマホの方はクリックするとダイヤル表示に変わります

メール

20時以降のお問い合わせはこちらからどうぞ

メールでのお問い合わせは画像をクリックしてください

(メールフォームに移動します)SSL通信で保護されています

よくある質問

Q:点検内容はただ点検するだけ?

A:太陽電池モジュール(パネル)に関しては、架台とセットで固定ビスが緩んでいるようでしたらその場で増し締めします。
配線を固定している部材も経年劣化していたら交換します。配管は別途になります。

特に屋根に設置されているパネルや架台は、普段では確認できない部分ですので、しっかり確認させていただきます。

Q:点検は平日のみ?休日でもしてもらえる?

A:基本として点検業務は平日にさせていただいております。
理由は、点検時にメーカーに確認を取らないといけない状況がある場合、平日じゃないとメーカーと連絡が取れない理由からです。

Q:点検時、雨天の場合は?

A:雨天の場合は屋根材にもよりますが、滑ったり危険が生じる場合は中止する場合もあります。
また、屋根の問題に限らず天候不良では、発電量の低下で正確な電気測定が出来ないのも理由です。

基本、100wでも出力があれば点検は可能なのですが有料点検ですので、そこは日を改めましてしっかり点検させていただきます。

Q:点検費用は?また支払いは?

A:点検費用は「太陽光発電の点検費用」にも記載しておりますが、下越地区、23,000円(税別)、中越地区26,000円(税別)、上越地区29,000円(税別)とさせていただきます。
いずれも点検業務、交通費、点検報告書込の金額です。
お支払いは振込、現金払いになります。

Q:点検時間はどのくらい?

A:屋根の形状やパネル設置面数、システム容量で変わりますが、最低でも2時間はお時間頂いております。
点検作業後にお客様への状況説明などもありますので、2時間ほど掛かることをご了承ください。

Q:点検時に太陽光発電システム以外の機器でも相談していいのか?

A:昨年から「蓄電池の導入」についてよくご相談を受けております。
まずお客様の考えを聞いた上で、導入するのが早い場合はハッキリ「まだ設置しないほうが良いです」とアドバイスさせていただきます。

まず当社は営業会社ではありません。
必要のない状況なのに利益目的のために導入を進めるような事はありませんのでご安心ください。

また他では、他社の見積もりは妥当かどうか確認してほしいとの相談もあります。

そして、システムの移設などもご相談が多いです。

設備関係に関してはメーカー直取引の実績、電気関係では東北電力指定店エルパルショップです。
太陽光発電に限らず、家の設備の事でも結構ですので何でもご相談ください。

Q:点検時に必要なものはありますか?

A:はい。点検当日に以下をご用意してください。

・メーカー、または販売店からもらったシステム内容がわかる資料一式
※契約書や補助金申請書類などは必要ありません

・太陽電池モジュールのレイアウトや結線がわかる図面等

・以前に点検経歴がある場合はその調査報告書

を事前に用意をお願い致します。

点検・相談することで解決できること

いまお客様が太陽光発電システムに対しての不安や心配がなくなりスッキリする
目視、電気測定により現在正常に可動しているのかわかる
太陽電池モジュール(パネル)、架台の侵食具合を写真で見れる
配線箇所、端子部分の確認により今後も安全にシステムを利用できる※長年放置している場合、端子の緩みから火災につながった事例も出ています
システムがあとどれくらいの寿命なのか目安がわかる
メーカー保証が切れたあとの対策がわかる
固定価格買取制度が終わった後の太陽光発電システムをどのように扱っていけば良いか方向性がハッキリする

最後に

すべての設置者様が思う共通点は、「安心して太陽光発電を運用したい」という部分。

高価な太陽光発電システム。これからもずっと付き合って行くものです。

だからこそ、これから安心して利用できるのか?それとも寿命が近いからどうしたら良いのか?お客様の不安にしっかり回答させていただきます。

ほとんどと言っていいほど、太陽光発電システムの販売会社が口を揃えて言う「減価償却後は丸々儲けになりますよ」というフレーズ。

また、太陽光発電システムの営業あるあるの話ですが、よくお客様からご相談されることの1つに「営業マンから太陽光発電はずっと使えますと言われた」というの内容。

結論から言うと「ウソ」になります。一部そうなんですが間違いでもあるのです。

事実を言ってしまうと契約に至らないという理由があるんです。

ここでは語れませんが、点検依頼頂いたお客様にはその点もご説明させて頂いてます。

営業会社ではなく工事会社なので導入後のリアルな事実をお伝えさせて頂いてます。

どんな製品にも必ず寿命があります。太陽光発電システムもその1つです。

太陽電池モジュール、架台やラック、パワーコンディショナー、その他機器、モニター、配線、ブレーカー。
どれも寿命や経年劣化、故障時期は必ずあります。

だからこそ点検時にはしっかり報告させていただき、正しい情報を持って太陽光発電システムを運用していただきたいと思っております。

また、当社は太陽光発電システムの施工で長い経歴があります。
その経験から、点検後のアドバイス時に必要があった場合はこのページでは表示できない内容も、点検時ではズバッと申し上げます。

そして、太陽光発電システム点検時に、何か販売を勧めたり、必要のない工事を迫ったりするような事は一切ありませんのでご安心ください。
当社は信用第一を大切に会社運営してきました。目先の利益で信用を失うような経営理念ではありません。

きかっけは様々ですが、お伺いした出会いをスタートに、末永いお付き合いができればと思っております。

点検の必要性を感じたらご連絡お待ちしております。

㈱新潟ボイラーメディカル社員一同より